ジムにとっての最新技術

くびれトレーナーはトレーニングの専門家です。今までに存在しているトレーニング法だけを教えていては、他のジムに後れをとることになり、そのジムは時代遅れになってしまいます。人間工学、トレーニングは常に進化を続けています。そのためトレーナーは新しいトレーニング法を勉強し続けています。インターネットの情報や書籍は最新情報ではりません

新しいトレーニング法の講習会に参加した人が情報を開示していくため、講習会に参加している人よりも一歩遅れることになります。トレーナーは講習会などに参加して常に新しいものを取り入れ勉強していますし、ジム側も講習会には進んで参加を要請しています。医学もそうですが、勉強会に参加しないと最新技術から後れをとることになるのです。

スポーツジムには最新マシンなどがありますが、大切なのはそこではありません。確かにマシンも大切ですが、それを使って行うトレーニングが最新のものなのか、教える側の人間、つまりトレーナーが大切になってきます。ジムにとっての最新技術とはマシンではなく、トレーナーなのです。トレーナーの知識が豊富ですと、トレーニング法も様々なものがあり、飽きることがありません。筋トレは単調な作業ですので、飽きないでやり続けることは非常に重要なのです。

関連サイト_スポーツジムのパーソナルトレーナー

トレーナーがいる

体重計筋トレに必要なことは、まずは専門的な知識です。筋トレはただ筋肉に負荷をかければよいというものではありません。パワーをつけたいのか、それとも筋肉を大きくしたいのか、同じ筋肉を鍛えるにしてもこの二つは負荷のかけかたが違います。足が速くなりたいといっても、短距離走と長距離走ではトレーニングの仕方が違いますし、全日本の選手ともなると体形もまったく違いますよね。それと同じように筋トレも同じ筋肉を鍛えるのであっても、目的に応じてトレーニング法はまったく違ってくるのです。これは情報により知識だけ集めても、それを正しく行える実践経験がなければ分かるはずもありません。

トレーニングジムには専門知識を勉強しているトレーナーがいますので、こちらがなるべく具体的な要望を伝えることができればできるほど、適格なトレーニングを指導してくれ、理想へと近づくことが可能になります

筋トレ初心者にお勧めする最大の理由はトレーナーの存在だといえます。トレーナーに最終目標を伝えると、まずは目に見える目標を示してくれます。それは数字であり、指導に従いトレーニングを行えば達成することは可能です。小さい目標を積み重ね、大きな目標へとたどり着く、筋トレはトレーナーと二人三脚で歩んでいくものなのです。

情報だけを集めても

関節初心者のかたには筋肉に問いかけることは難しいものがあるのですが、インターネット情報や書籍だけでは成功しない理由が他にもあります。情報や書籍には正しいトレーニング法が示してあり、そのトレーニングの注意点も示してあります。ですが一方通行の情報ですので、間違ったときに指摘してはくれません。

筋トレは関節の角度や向きが少し違っただけで、負荷がかかる筋肉が変わってきます。図説に従いトレーニングを行っていると思っていても、実は間違った動きをしていたということはよくある話で、その結果まったく違ったトレーニングになってしまいます。そうなると違った筋肉に負荷がかかるだけではなく、怪我に繋がることさえあるのです。

一方的な情報だけですと、結果が出ても誰も褒めてくれません。筋トレの結果はまずは数字になって現れますが、トレーニング前に比べ極端な数字がでない限り見た目の変化は出にくいものです。ましてや裸で生活しているわけではありませんので、服を着た状態で肉体的な変化が見えるようになるにはかなりの時間がかかります。その間、孤独にトレーニングを行わなくてはいけませんので長続きしないのは当然だといえるでしょう。初心者には特にジムを勧めるのはこれらの点が大きいのです。